フロントガラス飛び石

2019年4月25日

飛び石によるフロントガラスの傷やヒビ割れは車両保険で対応できる

フロントガラス飛び石被害飛び石によるフロントガラスの傷やひび割れを自動車保険で対応しようとする場合は、車両保険に加入している必要があります。

車両保険は、契約者の車修理費用などを補償する保険です。車両保険をセットする割合は、約50%程度です。

保険料の支払いを抑えたい方や長年乗り続けた車で車両価値が低くなっている場合など車両保険をセットしない方もいます。

補償範囲の限定や免責金額の設定により保険料の支払金額を抑えることもできますので、車両保険加入時にはよく検討するようにしましょう。

各自動車保険の飛び石によるフロントガラス破損補償

いずれの保険会社も、フロントガラスの修復や交換に利用できる保険は、車両保険になります。

現在、飛び石などの飛来物によるフロントガラス破損で車両保険を使用すると、ノンフリート階級制度をとる自動車保険では、1等級ダウン事故扱いとなり翌年の保険料割引率が低くなり、事故有係数が1年間となるので支払い保険料金は高くなります。

フロントガラス飛び石被害の修理交換に車両保険を使用した場合と使用しない場合の保険料の具体的な違いは、ソニー損保概算保険料を計算する のページで計算できます。

そのため、フロントガラスの修復(傷が小さく浅い場合は、紫外線で硬化する樹脂を使用してのリペアができます。)や高額なメーカー純正フロントガラスへの交換を行なわず車両保険未使用でも支払いが可能な場合は、車両保険を使用せず翌年の保険料を抑える選択肢もあります。

SBI自動車保険

飛び石などの飛来物により契約車のフロントガラスにひびが入った場合、「一般車両」「車対車+限定A」のどちらのタイプの車両保険でも補償されます。
また、飛び石などの飛来物による事故で車両保険を使用した場合は、次年度の等級は1等級ダウンとなります。

※ご契約者のご指定の場所(自宅駐車場など)へ出張して修理作業を行う業者を紹介する専門業者紹介サービスがあります。

イーデザイン損保

「車両保険」「車両保険(エコノミー)」いずれのタイプでも補償されます。保険金額を限度に、修理費から免責金額を引いた額が支払われます。

 等級は1等級下がり、事故有係数適用期間は、1年加算されます。

※契約者の自宅や職場の駐車場などご都合に合わせて無料で出張修理・交換する業者紹介サービスがあります。

おとなの自動車保険

車両保険に加入し火災・落書き・台風オプションがセットされている場合に補償されます。

ソニー損保

「一般型」「エコノミー型」の車両保険で補償されます。

チューリッヒ自動車保険

車両保険に加入している場合に補償されます。

THE クルマの保険

車両保険「一般条件」「車対車事故・限定危険特約(車対車・限定危険)どちらでも補償されます。