ガス欠時給油サービス 自動車保険付帯ロードサービス

あったと思ったのに 減っていくガソリンスタンド

次のガソリンスタンドまでガソリンの量を気にしながら走っていてやっと到着したと思ったら入り口にチェーンが張ってあって事務所も真っ暗、よくみると営業してない...

そんな経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

経済産業省の調べでは、揮発油販売業者の登録を受けている事業者数及や給油所数(ガソリンスタンド数)は、平成25年度以降の調査いらい右肩下がりで減っています。

経産省 GS数調査出典 出典:経済産業省ウェブサイト (http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180719011/20180719011.html)

山間部の道路やこの先ガソリンスタンドがない道路でガス欠になるととても不安なものです。

こんな時頼れるものは、やはりロードサービスのガス欠サービスですね。

本ページでは、各自動車保険付帯ロードサービスガス欠救援が、どのようなものでどれだけ役に立つものかを確認していきます。

SBI自動車保険 ガソリン補給サービス

ガソリン車やディーゼル車ガス欠の場合は、一般道や高速道路の区別なく、ガソリンまたは軽油10リットルを補給するサービスです。

電気自動車電欠の場合は、出動提携会社(AWS)の最寄り充電施設まで搬送いたします。

保険期間中1回までのサービスで10リットルを超える分は有料です。

給油サービス

※サービス利用前には、SBI損保安心ホットライン(0800-2222-581)へ連絡が必要です。

※プレミアムプランでのサービス拡張はありません。

出典 SBI自動車保険ロードサービス https://www.sbisonpo.co.jp/car/service/roadservice/

イーデザイン損保 燃料切れ時ガソリン配達サービス

出動提携会社(東京海上アシスタンス株式会社 )がガソリンまたは軽油10リットルを無料で搬送するサービスです。

※電気自動車における「電欠」の場合は、「レッカーサービス」の内容に基づき最寄りの充電施設などへ搬送します。

電欠時の給電サービス

保険期間中に1回限りのサービスです。

出典 イーデザイン損保ロードサービス https://www.edsp.co.jp/service/service_013/

おとなの自動車保険 ガス欠時の給油サービス

保険期間中1回 燃料切れにより走行不能となった場合に10リットルを無料で搬送。

※電気自動車の電池切れ(電欠)は、もよりの充電施設へレッカー等で搬送します。

JAF会員の場合は保険期間中2回まで利用可能です。(2018年以降の契約)

出典 おとなの自動車保険ロードアシスタンス https://www.ins-saison.co.jp/otona/compensate/other/road_assist.html?cid=WHP001 

ソニー損保ロードサービス 応急作業サポート

ガス欠時の10リットルまでのガソリンまたは軽油の補給サービス

(※契約2年目以降は10リットルまで無料。契約1年目の場合は、ガソリン代は有料。)

電気自動車「電欠」の場合は「レッカーサポート」により最寄の充電施設へ搬送。

給電場所へレッカー

出典 ソニー損保ロードサービス https://www.sonysonpo.co.jp/auto/rsv/arsv000.html

チューリッヒ自動車保険 ガス欠給油サービス

ガス欠時のガソリン給油 給油量が10リットルまで無料。

(※保険期間中1回のみ無料)

電気自動車「電欠」の場合のサービス記載はなし。

出典 チューリッヒ自動車保険 https://www.zurich.co.jp/car/service/road-service/

THE クルマの保険 燃料切れ給油サービス

ガソリン、軽油燃料切れの場合、保険期間中1回につき最大10リットルまで無料。
(JAF会員は、保険期間中2 回まで)

電気自動車、燃料電池自動車などの場合は、充電または燃料補給が可能な場所までレッカー移動を行います。(最大30km まで)

サービスを受ける場合は、事前にロードアシスタンス専用デスク(0120-365-110)に連絡が必要。

出典  損保ジャパン日本興亜 THE クルマの保険 ロードアシスタンス 
https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/thekuruma/sche/road/